アルブチン

アルブチン

アルブチンというのは美白・美白洗顔でも有名な成分で、耳にしたことのある人も多いでしょう。細かくはαアルブチンβアルブチンがあり、実はかなり昔からスキンケアコスメには使用されてきた成分です。

 

昔はアルブチンと言えばβアルブチンのほうが一般的で、効き目が穏やかなためにもっとピンポイントで効果を出したいという要望があったようですね。その後開発されたのがαアルブチンで、βアルブチンよりも肌への浸透力が高く美白効果も非常に高いと言われています。

 

このαアルブチンは、実は安定化されたハイドロキノンで、ハイドロキノンよりも安全性が高いことで期待が集まっている成分でもあります。ただし即効性は期待出来ないために長期間をかけてシミをなくしていくという計画になります。

 

どちらかと言えば、いまあるシミをどうにかするよりも予防に強い作用があり、これから肌の中でメラニン色素が作られることを防いでくれるというものです。使い続ければ使い続けただけどんどん効果を発揮するでしょう。

 

選ぶ時に1つ気を付けるとすれば、天然のアルブチンと化学的に作られたアルブチンがあり、化学的なものは肌を漂白する作用が強くなっているそうです。

 

これは皮膚に過剰な作用を起こしてしまう危険性があるということですから、肌トラブルを考えたら、天然のものを選ぶべきでしょう。どんな成分にしろ、化粧品のレベルで今ある肌の色素を無理矢理漂白するというのは、あまりおすすめ出来る行為ではありません。