シミができやすい人とは?

シミができやすい人とは?

シミができやすい人には傾向があるのである程度の予測が付きます。シミになりやすい方は、美白に心がけないと同世代の人より老けて見られる可能性大です。どんな人がシミになりやすいのでしょうか。

 

「肌が白い方」

まず、「肌が白い方」です。日本人には、「ピンク肌」と「黄色肌」に分けることができますが、ピンク肌の方はシミになりやすいです。元々、色白で日焼けすると、黒くならずに赤く火傷したようになる方です。メラニン色素が機能せずに真皮層にダメージを与えるために40代位でシミが多くできたりもします。シミは遺伝性があるため、「家系的にシミやソバカスが多い」場合、今はできていなくてもシミになりやすい可能性があります。

「ニキビが出来やすい方」

「ニキビが出来やすい方」も、シミには注意です。ニキビが治った後、黒い痕になって色素沈着を起こす場合があります。日本人の6割にこの症状があるとも言われています。

「食生活に偏りのある方」

「食生活に偏りのある方」は、シミができやすいです。インスタント食品、ファストフード、冷凍食品などばかり食べている方は、ビタミンCが不足し、メラニン色素の生成を抑える栄養素が足りていないです。新陳代謝を促すビタミンB2も同様に不足しがちになります。大事な栄養素が欠乏しているため、メラニンが発生しやすくなり、新陳代謝が悪いのでターンオーバーで除去しきれなくなるのです。

「ストレスを溜めやすい人」

「ストレスを溜めやすい人」もシミに注意です。ストレスで女性ホルモンのバランスが壊れ、プロゲステロンが多く分泌されてしまうとメラニン色素も多く発生します。

 

シミができやすい方はもちろん、該当しない方も予防と対策を全くしない場合もシミになりやすいので気をつけましょう。