エラグ酸

エラグ酸

美白成分として実は古くから注目されていた成分にエラグ酸というものがあります。

 

これはベリー系のフルーツに含まれるポリフェノールの仲間で、抗酸化作用がありアンチエイジング効果に注目が集まった成分です。特にビルベリーやブルーベリーなど色素の強い果物には多く含まれ、メラニンが黒い色素に変わる時にはたらくチロシンキナーゼという酵素のはたらきを抑制するために美白効果があると言われた成分です。

 

実はチロシンキナーゼはシミを作る元凶でもあり、メラニンがたくさん作られてもチロシンキナーゼがなければ色素を作ることがありません。肌を紫外線から守るためにメラニン色素を作り出すわけですから、チロシンキナーゼももちろん必要な酵素なのですが、過剰にはたらき過ぎると、紫外線から逃れた後もどんどん肌を黒くしていってしまいます。

 

この過剰な行動を抑制して、沈静化させるのに役立つのがエラグ酸なのですね。エラグ酸は昔から自然界にある天然のポリフェノールのため、人間の身体への刺激がとても少ないことが人気の秘密になっています。

 

チロシンキナーゼのはたらきを抑制するというと、美容皮膚科などで処方されるハイドロキノンも同じようなはたらきをします。最近では低濃度のハイドロキノンであれば美白・美白洗顔料などに使われるようになりましたが、同様にエラグ酸にも注目したいところです。

 

難点はエラグ酸もやはり高濃度では配合出来ない点で、なかなか効果が現れにくいという部分は否めません。でも刺激が少ない安心の成分なのです。