シミのタイプと美白

シミのタイプと美白

「シミ」とひと言で言っても、実は、色んな原因でできていて、色んな種類のシミがあります。シミの種類を知ることで、自分のシミがどんな原因でできているのかを考えてみましょう。

「くすみじみ」

「くすみじみ」は、角質汚れによるシミです。古い角質が肌表面に残ってしまい、全体的にザラザラしてくすんで黒っぽく見えます。

「肝斑(かんぱん)」

「肝斑(かんぱん)」は、ぼんやりじみです。日本人に多く、皮膚が浅黒い人にはできやすいです。頬、鼻の横、額、口の周りに出来やすく、目の周りにはできません。30代〜40代頃の女性に多く見られ、50代では発症することは無く、60代では改善されるそうです。

「日焼け記憶じみ」

「日焼け記憶じみ」は、長期間に渡り紫外線を浴びたことが原因でできるシミです。1〜2mmの小さい円状の平らなシミですが、時間が経つと隆起することもあります。

「肌荒れ記憶じみ」

「肌荒れ記憶じみ」は、炎症性色素沈着です。ニキビや傷跡、火傷、虫刺され等がいつまでたっても消えずに茶黒に残った症状を言います。皮膚が弱い方やアトピー性皮膚炎の方にも出やすいです。

「そばかす」

「そばかす」は、10代にできることが多く、色白の方に多いのが特徴です。遺伝的な症状ですが、紫外線を浴びることで多くなる場合もあります。

 

他にも、海水浴や雪焼けでできる「強烈日焼けじみ」、30代女性に多い「摩擦じみ」、血管拡張による「赤じみ」、「出っ張りじみ」、「あおじみ」等があります。