ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体

美白効果のある成分というものはいろいろありますが、比較的強い成分のものも多く、医薬部外品などの指定を受けているものが少なくありません。

 

例えば、ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、エラグ酸、アルプチンなどの他に、化粧品メーカーが開発したルシノールやカモミラET、コウジ酸などが化粧品として販売されています。

 

非常に漂白作用の強いレチノール(ビタミンA1)やハイドロキノン(ヒドロキノン)などは、日本国内では皮膚科の処方がなければ使えない成分ですので、一般的ではありません。通常のスキンケアコスメに使われているのは、上記の医薬部外品が比較的効果の高い成分と言われています。

 

ビタミンC誘導体というのはかなり耳にすることが多くなりましたが、誘導体というのは簡単に言ってしまえば肌に浸透しやすく化学的に加工した状態を指していますので、ビタミンC誘導体と言えば、ビタミンCをより肌に吸収しやすくした物質と考えればOKです。

 

ビタミンなどはそのままの形では肌に直接つけてもさほど浸透吸収されません。

 

飲んで効かせるだけではなく、肌に直接塗って思った部分に浸透させたいという思惑からこうした誘導体が開発されるようになりました。
ビタミンC誘導体の中にも水溶性と脂溶性など細かい分類があり、最近では新型としてAPPSという抜群の浸透性を持った誘導体も注目されています。

 

ただ、これはまだ厚生労働省の認可を受けていないので、まだ未知の誘導体ですね。